本編3部16章感想

 アイドルのタマゴだったそーちゃんのファンになって、アイドルとして頑張るそーちゃんのファンをやってきたので、そーちゃんが当面アイドルであり続けられることを望みたいけれど、我慢してもしょ~がないので、まとめてぶちまけておきます。どうせ次回配信である程度の結論は示されるだろうし。

 アイドルじゃなくてもいいです。ただ音楽を続けてください。そーちゃんが「人様を前科持ちにしてまで歌いたくない」という話を真剣に始めるなら別だが今さらそんなスケールの状況でもないでしょ。言うまでもないけど、歌うという行為や曲を作るという行為に資格は必要ないし犯歴の有無も問われない。(罪自体法律の共有を以て初めて客観化されるので論じるだけ時間の無駄だし)誰が前科持ちになる云々はなるべく話題にしないよう努めたい。

「わたしは前科持ちでも応援します」という話ではないです。今後の周囲の出方によっちゃ、そーちゃんはこれから一生、名誉どころか人並みの人望も手に入らなくなるかもしれないから。そーちゃんを応援するファンとしてのわたしはあくまでも「アイドルとしてのそーちゃんを応援するファン」なので、そーちゃんが民衆の目の届かないところへ消えたら、わたしの前からも消えます。それ前提の話なんですけど。

 そーちゃんが家を出た第一の目的は「自分の好きなもの・やりたいことを他人に受け入れてもらいたいから」じゃない。「自分の好きなもの・やりたいことを自分が肯定し続けたいから」だ。そして「この気持ちをわかって」と訴える相手は不特定多数であって、親個人じゃない。親父がそれをわかっっっとらんから話噛み合わないんだよ。環くんがそーちゃんをラジオの仕事に向かわせたのはこの上なく正しかった。この際環くんについてはその言動含め、悩み出すとまた長くなるので今は置いとく。ラジオ終わったら話そ!

 家を出た日そーちゃんは音楽を裏切ることをやめた。それだけ。親を裏切ったわけじゃない。それらは決して表裏一体ではないとそーちゃん自身が理解していることを祈る。大丈夫だと思うけど。自分が生きていくことを肯定するために自分の生まれた場所を裏切らなければいけないとかある? 構造的になくない? ないから今まであえて考えないようにしていたんだけど。人様の親のこと悪く言いたくないし。まあでもこうなったもんは仕方ない。音楽を裏切ったら死ぬ。生きて。

(追記)ていうかね正直環くんについてなんんんもまともな言葉が出てこないんです ひとまずありがとう すごかった