拍手返信(5/12 りのんさん)

 りのんさん、メッセージありがとうございます! 昨年2月の時点でトランジットを手に取っていただけてたということで、シリーズ完結まで長い時間を要してしまい申し訳ない限りですが、環くんそーちゃん双方からの視点で書きたいこと書き尽くそう! とキッパリ決めて続けることにした作品なので、今日まで追いかけていただけて本当に嬉しいです。ありがとうございます……。
 大人になるとは、人と生きるとは、MEZZO”とは……二人には考えさせてみたいことや直面させてみたい課題がたくさんあって、そのどれも掘り下げるには結成一年や二年の原作で描かれている時間の範囲内じゃ足りない気がして、こうして五年後という舞台を設定し、一年以上に渡って発行を続けさせていただいてる次第です。
 特に、トランジットシリーズを通して「他者から求められた姿を演じる」「他者から表現物を与えられる」といった要素を捨てきれない「アイドル」という生き方を一度選択した二人が、自分たちの(プライベートも含めた)今後についてどう悩みどう決断を下していくのかじっくり考えたいと思っていたので、このシリーズのそーちゃんは「作曲」という新たな道をしばらく手にできないままですが、そのぶん「作曲」、つまり自ら表現するという手段が干渉しないままの各課題について、シンプルに、且つできる限りあらゆる側面から、描き出していけたらいいなと思っています。この秋で完結させるつもりですので、もうしばらくお付き合いいただけたら幸いです!
 日記本続編につきましても感想ありがとうございます……! 二人の認識の違いやすれ違いを、違わせたまま描くことが楽しくて、両視点から書く形態をやめられないです……。そーちゃんの知らない環くんの苦悩を楽しんでいただけて幸いです!(笑)
 そして、1冊目は相当長かったと思うんですが、積まずに読んでくださってるというのが実は相当嬉しかったりします(涙)本当にありがとうございます……。1冊目は特に、読むの大変でしょうから日々ちょっとずつ読めるように……! と願いを込めて小ネタを入れまくったので、りのんさんのおやすみのお供になれて本当に何よりです。
 4冊分の感想、ありがとうございました! また秋もガリガリ書けそうです……! あと差出人のお名前を書いていただけたことも嬉しかったです(涙)またイベントでお会いできる日を楽しみにしております!